平成29年度の確定申告の変更点の医療費控除は今後手間が増えそう

医療費控除

医療費控除の内容が平成29年度より変更しました。経過措置として、平成31年分の確定申告分までは今のやり方でいけるようですが、確定申告書等作成コーナーも少し入力に注意が必要です。

平成29年度の確定申告の変更点

平成29年度の確定申告の税制上の主な変更点は以下の通りです

平成29年度の確定申告の変更点
  • セルフメディケーション税制による医療費控除の特例を受けることができる
  • 医療費控除について、その適用を受ける人は「医療費控除の明細書」「医療費通知書」を確定申告書の提出時に添付が必要
  • 給与所得控除の上限額が220 万円(給与収入1,000万円を超える場合の給与所得控除額)に引き下げられました
  • 住宅借入金等特別控除について(*1)
  • 特定増改築等住宅借入金等特別控除について(*1)
  • 住宅特定改修特別税額控除について(*1)
  • 非居住者に対する課税原則について(*1)

(*1)確定申告特集(税制上の変更点)

贈与税に関しての税制上の変更点

医療費控除が平成29年度の一番大きな変更点

今までの医療費控除については、

その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が10万円又は、その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額を超えるときは、所得控除を受けることができる
確定申告時には医療費の合計金額を入力するだけで領収書を封筒などに入れて提出する

これが平成29年度までの医療費控除ででしたが、平成29年度以降大幅に変更されました。

医療費控除かセルフメディケーション税制を選択する

平成29年度以降は医療費控除かセルフメディケーション税制を選択する形になりました

セルフメディケーション税制とは

平成29年1月1日以後に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の特定一般用医薬品等購入費を支払った場合において、その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の健康診査や予防接種などを行っているときには、通常の医療費控除との選択により、その年中の特定一般用医薬品等購入費の合計額(保険金等により補填される部分の金額を除きます。)のうち、1万2千円を超える部分の金額(8万8千円を限度)を控除額とするセルフメディケーション税制(特定一般用医薬品等購入費を支払った場合の医療費控除の特例)の適用を受けることができます。
セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

注意*セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、従来の医療費控除との選択適用となりますので、いずれか一方を選択して適用を受けることになります。

セルフメディケーション税制と従来の医療費控除との選択適用について(国税庁)

医療費控除の選択について

平成29年度から医療費控除かセルフメディケーション税制を選択する形になりましたが、どちらがいいのかはご家庭の医療費の状況により異なります。

医療費控除を選択したほうがいいケース
  • 医療費の支払総額が17万6千円を超える
  • 医療費の内容が多岐にわたっていて全てがセルフメディケーション税制で対応できない
医療費控除を選択したほうがいいケース
  • 医療費の支払総額が1万2千円を超え8万8千円以内の場合
  • セルフメディケーション税制に対応出来る領収書をそろえている

医療費を多く支払っているご家庭は必然的に医療費控除を選択された方がいいでしょうが、今までのように医療費の支払総額が10万円を超えない人でも、医療費の支払総額が1万2千円を超え8万8千円以内の場合は控除の適用を受けることが出来ます。

注意平成29年以降は領収書を提出するだけの形では無く全て入力義務があります
注意但し、経過措置として、平成31年分の確定申告までは、医療費控除の明細書の提出に代えて、医療費の領収書の提出又は提示によることもできるようなので確定申告時によく聞いて入力を行ったほうがよさそうです。

医療費控除が確定申告時に一番苦労することに

医療費控除の変更内容は以下です。

「医療費の領収書」の提出又は提示が不要となりました
「医療費控除の明細書」の提出が必要となりました

医療費控除の変更点(確定申告特集)

「医療費の領収書」の提出又は提示が不要で楽になったと思うでしょうが、経過措置として、平成31年分までは今までと変わらないとのことで数年はいいですが、以降はとんでもない手間が増えています。それは「医療費控除の明細書」以外の領収書を入力する手間です。

領収書の提出手間が楽になるのでしょうか?。とてもそう思えません。「医療費控除の明細書」とは医療機関での金額合計であって普段使っている薬局などで購入したものに関しては記載していません。そうなれば、「医療費控除の明細書」分の入力と各領収書の入力になります。

確定申告書作成コーナーの入力についての画面は以下で細かく説明しています

領収書は内容ごとにまとめて記載できるようですが、それでも医療費の多い人は相当の手間が増えそうです。2年間の経過措置はあったとしても今年はこれで確定申告時に色々混乱がありそうです。

また平成31年度以降は領収書に関してどう変更しているかわかりませんが、変更がなければ、まともに入力をしていれば本来の確定申告の入力内容より大幅に入力手間が増えるのは確実です。

国のやることにケチをつけたくはありませんが、このやり方は確定申告時に年配の人は特に入力・記入に時間がかかり、さらに確定申告会場の混雑に繋がりそうです。【e-Tax】国税電子申告・納税システムの推進と面倒だと医療費控除を受けないようさせての医療費削減なのか?

マイナンバーもそうですが、どうもやることなすこと本来、パソコンなどのソフトでもバージョンアップすればより快適になるようなケースが多いですが、お役所様は常に迷走してバージョンダウンばかりを繰り返しているように感じるのは私だけでしょうか?