FTPソフト「FileZilla」の設定・使い方とサーバーとの接続設定

WordPressで作られたブログのバックアップやサーバーにファイルを転送する場合にはFTPソフト(ファイル転送ソフト)を使うと便利です。ここではFTPソフト『FileZilla』のダウンロード・インストール・設定などの解説です。

FileZillaを使う

FTPクライアントソフトとは

FTPクライアントソフト(FTPソフト)とは、サーバーに置いてあるファイルやフォルダを手元のパソコンにダウンロードしたり、逆に手元のパソコンからアップロードしたりするためのソフトです。

WordPressでブログをはじめる場合にはレンタルサーバーを借ります。その中にはブログがインターネット上に公開されるために必要なファイルやフォルダが保存されています。サーバー側からバックアップをとったり、新たにフォルダをサーバーに送ったりするためにFTPソフトが必要になります。

PCからレンタルサーバーにファイル・フォルダを送ることをアップロードといいます。

FTPソフトを使って出来ること(アップロード)
  • 修正したファイル・フォルダを送る場合
  • ブログが表示されなくなったりした場合のバックアップを送る場合
  • 新規ファイルやフォルダを追加したい場合

サーバーに置いてあるファイルやフォルダを手元のPCに送ることをダウンロードといいます。

FTPソフトを使って出来ること(ダウンロード)
  • 修正したいファイル・フォルダをPCに送る場合
  • ブログが表示されないなどの事象が起こる前にバックアップとしてファイル・フォルダをPCに送る場合

これらのことをするためには、PCでは簡単にファイルやフォルダを移動できますが、サーバーとパソコンでファイルやフォルダをやりとりする場合はFTPソフトが必要になります。

色々なソフトがありますが、ここでは多機能で無料で使え、日本語に翻訳されていて使いやすいFTPソフト『FileZilla』のダウンロード・インストール・設定などを解説して行きます。『FileZilla』は以下のリンクよりダウンロードできます。

FileZillaのダウンロード

FileZillaプロジェクト日本語トップページからFileZillaのダウンロードしていきます。

FileZillaのダウンロード①
Windows版は.zip形式と.exe形式の2種類が用意されていますが、通常は.exe形式をダウンロードします。

  • 最新リリースの下にリンクが並んでいる中の一番上のリンクをクリック

以下の画面が表示されます。Windows/Macともに下のリンク先からダウンロードができます。Windowsの場合には「64bit版」と「32bit版」の2つがあります。自分が使っているPCがどちらか分からない場合は、以下のMicrosoftの公式ページで確認が出来ます。


FileZillaのダウンロード②
Windows版は.zip形式と.exe形式の2種類が用意されていますが、通常は.exe形式をダウンロードします。

  • FileZilla_最新のリリース番号_win32-setup.exe
  • FileZilla_最新のリリース番号_win64-setup.exe

どちらかを選択してクリックしてダウンロードを開始します。

 

FileZillaのインストール

FileZillaのインストール①
  • ダウンロードが終われば以下の画面がお使いのインターネット画面の左下に出ますのでクリック

FileZillaのインストール②
  • ユーザーアカウント制御の画面がでるので『はい』をクリック
  • 利用規約が表示されるので『I Agree』をクリック

FileZillaのインストール③
以下のどちらか選択します。

  • Anyone who uses this computer (all users):PCを共有している場合など
  • Only for me(ユーザー名):PCを自分だけで使っている場合など

どちらかを選択して【Next】クリックする

FileZillaのインストール④
  • すべてにチェックを入れて【Next】をクリック

*Desktop Iconのチェックを入れるとデスクトップ上に「FileZilla」のショートカット・アイコンが作成されます

FileZillaのインストール⑤
インストール先の選択になりますが、特にこだわりがなければそのままにして、

  • 【Next】をクリック

FileZillaのインストール⑥
  • 次は何も変えずに、【Install】をクリック

FileZillaのインストール⑦
  • 下の画面が出れば、【Finish】をクリック完了で、FileZillaが開きます

 

FileZillaの設定

FileZillaでサーバーに接続するための設定を行います。

FileZillaで新しいサイトの登録

サイトマネージャーというウインドウを開きサーバーに接続するための設定をしていきます。まずはサイトの設定を行います。

FileZillaで新しいサイトの登録
下の画像を参考に進んでください

  1. サイトマネージャーをクリック
  2. 【新しいサイト】をクリック
  3. 任意の名前を入力

*名前は自分にわかりやすものをつければいいと思います。ブログ・サイト名でもいいと思います。ここでは私が利用しているサーバーがエックスサーバーなので、その名前にしています。『名前の変更』と書かれたボタンから変更も可能です。

 

接続先のサーバー情報を設定する

続いて接続先サーバーの情報を設定して行きます。ここで必要な情報は「FTP情報」です。

FTP情報で必要なもの
  • ホスト
  • ユーザ
  • パスワード

以上が必要です。各サーバーを契約した時に届くメールに必要な情報が書かれています。ちなみに以下はエックスサーバー契約時に送ってきたメールの一部です。

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ

エックスサーバーの場合はFTPユーザー/FTPパスワードは、サーバーID/サーバーパスワードと同一です。

以上をそろえて、サイトマネージャーで接続先サーバーの情報を設定して行きます。

サイトマネージャーで接続先サーバーの情報を設定
  1. 【ホスト名】:①FTPサーバー(ホスト)名を入力
  2. 【プロトコル】:②【FTP – ファイル転送プロトコル】を選択
  3. 【暗号化】:③【明示的な FTP over TLS が必要】を選択
  4. 【ログオンの種類】:④【通常】を選択(選択後「ユーザ」と「パスワード」が入力可能に)
  5. 【ユーザ】:⑤FTPユーザー名(アカウント名)
  6. 【パスワード】:⑥FTPパスワード(エックスサーバーの場合はサーバーパスワードと同一)
  7. 全ての入力が終われば【接続】をクリック
  8. 【明示的な FTP over TLS が必要】を選択

証明書に関する確認画面が表示される場合
  • 【今後もこの証明書を常に信用する】にチェックをいれ、【OK】をクリック

FileZillaの使い方

FileZillaを開いて、左上のサイトマネージャーから先ほど作った新しいサイトの登録の名前を選択し、接続した状態が以下の画面です。

FileZillaの画面の見方
この画面内でファイルをアップロードしたりダウンロードをしたりします。

  • 左側が自分のPCの情報
  • 右側がサーバー側の情報

右側のサーバー情報のドメインフォルダ内の『public_html』フォルダ内にWordPressのファイルがありますので、バックアップをする際は『public_html』を右クリックしてダウンロードでPCにバックアップ出来ます。

PCからサーバーへアップロードする場合は、右側サーバー情報からアップロードしたフォルダを探し、そのフォルダの上にドラッグ&ドロップでアップロードできます。

FTPソフトはWordPress初心者はそれほど使う機会はないかもしれませんが、なれてくれば修正・バックアップ・新しいファイルのアップロードなど結構便利に使えます。なれればWindows上でのフォルダのやりとりと同じ感じです。ただ、間違ってフォルダを削除しないよう注意は必要です。